神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が日々の気づきを書いていきます。ただそれだけですが、よろしく。

マイホーム購入は純然たる投資です。あなたの購入した家は20年後も本当に価値がありますか?

マイホーム購入は純然たる投資です。

住宅ローンは融資条件が非常に恵まれてて、人生で一回だけ使える切り札のようなものだと考えられます。

何も考えず、思いつきのままに家を購入してしまう人もいるみたいですが、完全に自殺行為としか言いようがありません。

f:id:shinkei807:20170315223120j:plain

 

あなたの家は数十年後に資産価値が残りますか?

どんなに愛着がある家でも建物の価値は20年後にはほぼゼロになります

自分が買うならば、将来的に地価が下がりにくい都心の一等地の中古一軒家を買うでしょう。

上物の値段はどうせ築20年にもなればほとんどゼロになるわけです。

何十年後に家を売る時には、ほとんど土地の値段に等しくなる。これは厳然たる事実。

どれだけ自分が愛着を持って間取りなどを考えて購入した家であっても、家部分の値段は20年後にはほとんどゼロになります。

つまり、新築一戸建てを買うという行動自体、資産形成という意味では非常に不利な行動であるといえます。

一軒家を買った場合、資産価値が数十年後もあるのは土地部分だけ。

となれば、購入する時に上物の値段が安く(築20年くらいの木造中古)、将来的に資産価値が保たれるような場所(要するに都心の一等地)の土地をできるだけ広く購入するのがよい。

とはいっても、都内の一等地はだいぶ値上がりしてしまってなかなか手がでないんですけどね。

中部圏や関西圏、博多くらいならなんとかなるかもしれません。

 

不動産は今後二極化が進むと思われる

まぁでも今後の流れを見ると、2020年の東京オリンピック以降は建設ラッシュも一段落して、その後は長期的には不動産は値下がり傾向に向かうと見ています。

特に地方ではその傾向が顕著で、都内や中部圏では値下がりがあったとしても軽度にとどまるでしょう。

つまり、今後数十年間で資産価値が保たれる(場所によっては上がる)不動産と、資産価値の下落に歯止めがかからないような不動産の二極化が進むものと想定できるわけです。

 

とにかく「安値で仕入れる」ことに徹する。購入するタイミングを慎重に見極める

自分が買うなら2020年以降までは待ちかな、と思う。

少なくとも今は不動産市況が良すぎるので、何も東京オリンピックブームに湧いている今不動産を買う必要はないと思います。

値上がりしている時に買うと高値掴みしやすいので初心者は要注意。

2020年以降で、リーマンショック級の世界大不況が来た時にはきっと不動産価格もかなり下落するはずです。

そういった時期に住宅ローンを利用して、都心の一等地の坪数百万円の土地付き中古住宅を買えば、資産形成術としてはかなりの確率で勝つことができます。

それまでは勤務医するなりアルバイトするなりで現金を積み上げておくことです。

でないと、いざその局面が来た時に指をくわえて黙って見ているしかなくなります。

市場の大調整が入った局面では銀行も融資を渋ってきますから。

医者は散財する傾向があるから、今どれだけ貯蓄できるかによって、あと10年くらいで訪れる好機に乗り遅れずに済むわけです。

そう考えれば貯蓄にも励むでしょ。

 

こんな記事も書いています。

資産形成という視点から正しいマイホームの購入方法について検討した記事です。

shinkei807.hatenablog.com

 

不動産にあまりに偏ったポートフォリオは、地震や津波などの大災害には脆弱ですので注意しましょう。

shinkei807.hatenablog.com