読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が日々の気づきを書いていきます。ただそれだけですが、よろしく。

副業のすすめ(あくまで医者前提の話なので非医者の人は読まなくてよいです)

医者の強みは副業が当たり前のように許されていることだと思います。

一般の人には分からないかもしれないけど、日勤バイトや当直バイトとかのことを指します。

例えば、私のやっているバイトは9〜17時で日勤をやれば10万円です。

昼休みが1時間ありますので、時給換算すれば15000円弱となります。

これは一部のスペシャリストを除けば、普通の職種では考えにくいレベルの高水準であり、これだけ見ても医者は資産形成においては有利な立場にいると思います。

が、その利点を活かしきれていないドクターのいかに多いことか。。

f:id:shinkei807:20170315214426j:plain

 医者が高給取りなのは需給バランスが需要過多だからに過ぎない

今現在これだけ医者が高給なのは需要、供給のバランスが未だ需要過多だからであって、10年後とかも今のままだとは思えません。

これから医者になる人たちは、今の医者ほどは稼げないと思っておいた方がいいんじゃないかな。

これからの時代で稼げるのは、他の人にはできない「特別」な技術を持っている医者だと思います。

まぁ自分もただの神経内科医だから何も持ってないんですけどね。

これからの日本で大金持ちになるのは、昔と比べるとはるかに難易度の高いゲームになる可能性が高いと考えています。

 

資産形成を考えるならばできるだけ早くから始めましょう。20代の人は今すぐに

資産形成は若い時からやればやるほど有利になりますから、20代とか体力のあるうちにたくさんバイトをこなすのも手です。

本気で資産形成を考えるなら、年収1500万円というのが一つのライン。年収1300万円を超えてくると、課税所得金額が900万円を超えてくるから収入の増加に比べて手元に残るお金がかなり減ってきます。まさに税金との戦いです。

 

そろそろ新しい不動産を購入して損益通算を利用して減税するしかないかな、と考えていますが、不動産も今は割高なので手を出せずにいます。

もちろん、業者が勧めてくる新築の投資用マンションは論外です。

あれは新築プライスが乗っかってる上に、売却時までのキャピタルロスや各種経費・修繕費を考えれば絶対にペイしないようにできてますから。

 

早く次の景気の谷が来ないかな、と待ち続けています。そこが勝負どころなんですが。

辛抱強くキャッシュを温存して待ちましょう。

 

こんな記事も書いています。

医者のように時給単価が高い仕事の場合、まずは時給を最大化したうえで長時間働くことを検討した方が手っ取り早いです。

shinkei807.hatenablog.com

 

資産形成において、現金を貯めるという初めの段階が一番ハードルが高かったりします。多くの人は現金を貯めることすらできずにドロップアウトします。

shinkei807.hatenablog.com