神経内科医ちゅり男のブログ

「気ままに、ほどほどに」がモットーのゆるい神経内科医が日々の気づきを書いていきます。ただそれだけですが、よろしく。

資産形成・投資

これから投資を始めようという方のために

株式100%のポートフォリオはありなのか?

おはようございます。 時々いただくのが、「株式100%のポートフォリオはありなのか」という内容のご質問です。 私は金融資産投資では株式100%で運用していますが、相場に大きな変調があった時に追加投資する分の余剰ドルを常にストックしています。 個人的な…

人はなぜ高い時に買って安い時に売ってしまうのか?

おはようございます。 「安い時に仕入れて、高い時に売るのが投資の大原則」 と頭では理解していながら、大半の人は真逆の行動をとってしまうのが投資の奥深さであり面白いところです。 「周囲が株を買わなきゃ買わなきゃ!」という雰囲気になると自分も乗り…

自動積立は本当にストレスフリーです。「積立貯金」ならぬ「積立ETF」をSBI証券で実践します。

おはようございます。 10年以上に渡って今までに様々な投資法を試してきましたが、30年以上の長期投資では結局VTやVTIの積み上げが一番時間対効果が高いのかなと思います。 この「時間対効果」というのは投資において見逃せないファクターだと思っていて、 …

「インデックス投資」x「非課税口座(iDeCo、NISA) 」x「年数」は最強の投資法だと思う。

おはようございます。 数ある投資法の中でも、「インデックス投資」x 「非課税口座(iDeCo、NISA)」x 「年数」は最強の投資法だと思います。 何をもって最強とするかは個々人の意見が分かれる所かと思いますが、少なくとも老後の生活資金を調達するという目…

長期投資が前提のインデックス投資家にとって一番大変なのは「退屈さ」と付き合うこと

おはようございます。 インデックス投資家にとっての最大の敵は「退屈さ」だと思います。 いや、本当に退屈なんですよ。 何も考えずに世界分散投資であれば、VT一本購入しておけばそれで済んでしまうわけですから、本当に暇ですよね。 私は投資がけっこう好…

日本とイギリス、米国の1998年と2018年の物価比較をした記事が面白い!

おはようございます。 今週号の『週刊ダイヤモンド』で、日本と英米の物価水準を比較した記事が興味深かったのでご紹介させていただきます。 英米では過去20年における毎月の消費者物価指数前年同月比の平均が+2%程度です。 家電製品などの物の価格は、英米…

「長期」の「インデックス投資」でプラスサムゲームに参加しよう。

おはようございます。 世の中には、プラスサムゲーム、ゼロサムゲーム、マイナスサムゲームというものがあります。 この中で、最も参加してはならないのは当然マイナスサムゲームです。 しかし、実際には宝くじや競馬、パチンコなどのマイナスサムゲームが日…

楽天証券のつみたてNISAでポイント利用が可能になるのは2018年夏以降。

おはようございます。 いつもお世話になっているフクリ先生のブログで、下記の記事が目につきました。 「楽天証券のつみたてNISAでポイント利用が可能になるのは2018年夏以降」とのことです。 etf-investment.com 楽天証券のつみたてNISAで、楽天スーパーポ…

インデックス投資を始めるタイミングはいつがよいか?

おはようございます。 「インデックス投資を始めるタイミングはいつがよいですか?」 という内容の質問を頂戴することが増えましたので、一度私の考えをまとめておこうと思います。 結論から書きますと、個人的には「少額で今すぐに開始する」のがよいと思い…

つみたてNISAのおすすめ投資信託5つをご紹介!

おはようございます。 つみたてNISAが開始して3ヶ月が経過しました。 私個人の投資方針としては、 1) 投資先の核は先進国株式市場とする 2) 日本株式も購入するが、ホームカントリーバイアスに陥らないようにする 3) 同じ指数に連動する商品ならば、純資産総…

つみたてNISA3ヶ月目の成績を公開。楽天VTIと楽天VTのパフォーマンス差と将来は?

おはようございます。 つみたてNISAを開始して3ヶ月が経過しましたので、運用成績をまとめておきます。 2018年1月から、楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)と楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)を50%ずつ買い付けるだけのシン…

バンガードVTの三重課税問題など気にせず、VTを愚直に積み上げることに徹しましょう。

おはようございます。 投資好きの方ならば、VTの三重課税問題など常識!かもしれませんが、世の中の大半の人はそこまで理解してVTや楽天VTを買ってはいない気がします。 VTの三重課税問題に関しては、下記のブログ記事で詳細に取り上げられていますね。 shin…

バンガードVTは経済について門外漢な人でも投資ができる点が画期的なETF。

おはようございます。 当ブログの読者には若手の医師の方もいるかと思いますが、 「専門医取得までは医師としての研鑽に集中したい」 「でも、銀行預金だけで将来が不安なのでなんらかの形で投資したい」 こんな欲張りな人が多いのではないでしょうか。 そん…

ニチダイ(6467)株はなぜ暴落したのか?仕手株の怖さを忘れないように。

おはようございます。 本日のメッセージはただ1つ 「仕手株に後乗りすると簡単に養分にされます」 「イナゴ投資家にはならないようにしましょう」 これだけです。 ニチダイ(6467)株暴落から学ぶ仕手株の怖さ 天国から地獄へ真っ逆さまとはまさにニチダイ…

Amazonの株価が急落!トランプ大統領がAmazonの支配拡大に警戒心?

おはようございます。 3月28日(水)の米国株式市場では、ダウ平均やS&P 500は横ばい〜わずかな下落にとどまりました。 一方で、非常に目立っていたのがAmazon株の急落です。 一時は1400ドル割れしましたが、その後若干持ち直し前日比で -4.38%でした。 Amaz…

株式投資は健康を害してまでやるものではない。ダウ平均や日経平均が頭から離れなくなったら末期症状です。

おはようございます。 2017年は1年間を通じて好調な相場でしたが、2018年2月からは調整局面に入っていますね。 特に、ここ半年くらいで株式投資を始めた人は含み損に突入している人も多そうです。 米国株式市場は日本時間の夜中に動きますし、日経平均は昼間…

株式市場の暴落時は自分のポートフォリオを見直すチャンス。私は少数精鋭で臨むことを決意しました。

おはようございます。 今回の米中貿易摩擦への懸念を発端とした暴落で、私のポートフォリオの大部分を占めるVTやVTIも10%程度の値下がりをしました。 特にVTは数年前から購入していて、買値が安いというのもあるのでしょうが、 「テレビであれだけ騒がれてい…

家計簿が続かない方は現金決済をやめてマネーフォワードで自動化しよう

おはようございます。 本日は、私の大のお気に入りの家計管理サービスであるマネーフォワードを再度ご紹介します。 投資に関してはリスクがつきものですので、いくら自分の中では優れた商品だと思っていても、他人に100%自信を持って紹介することは難しいで…

【投資信託】eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)の評価・レビュー。日本株式の割合がオーバーウェイトで使い所が難しい印象。

おはようございます。 少し前になりますが、三菱UFJ国際投信が運用するeMAXIS Slimシリーズに、eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)が追加されるというニュースがありました。 信託報酬が0.15336%(税込)というのは大きなインパクトがありますね。 その一…

SBI証券の米国株式・海外ETFの定期買付サービスで4月からVTを購入します。NISA口座以外では手数料との戦いですね。

おはようございます。 2018年3月10日から、SBI証券で米国株式・ETFの定期買付サービスを開始しました。 SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を- SBI証券は、他社に先駆けてこのような先進的な試みを打ち出す傾向…

インデックス投資では、スケールが小さい時のリバランスは効果なく不要。リバランスよりも投資家自身のバランス感覚が重要。

おはようございます。 投資にはバランス感覚が必要だと思う今日この頃です。 バランス感覚に優れた人は、多少の相場の上下があってものらりくらりとうまく乗り過ごすことができます。 バランス感覚を持ち合わせないと、相場の上下の波を乗りこなすことができ…

株式投資に向いている人・向いていない人。不向きな人にありがちな4つのミスとは?

おはようございます。 投資、特に海外株式市場への投資はこれからの人口減少社会の日本で快適に生き抜くためにぜひ身につけておいた方がよいスキルの1つです。 しかし、投資をやらなくても現実に生活していくことは十分可能ですから、「必須」とまで言えるス…

パワーシェアーズ「QQQ」はNASDAQ上場企業に投資可能なETF!暴れ馬をうまく乗りこなして遊びましょう。

おはようございます。 最近のAmazonの勢いに押されるように、耳にする機会が増えたのがパワーシェアーズQQQではないでしょうか。 ナスダック100指数に連動するETFですね。 今をときめくNASDAQ上場企業のうち、時価総額上位100社への投資が可能です。 下記の…

米国+新興国株投資の是非について。日本と欧州市場は切って捨てるべきなのか?

おはようございます。 当ブログの読者の方から、「米国株+新興国株投資の是非」について下記のようなご質問をいただきました。 米国株+新興国株投資の是非について いつも勉強させて頂いております。 米国+新興国株投資について先生のご意見をお伺いしたい…

NYダウ30種(DIA)とS&P 500(VOO、IVV、SPY)を比較。有名なのはNYダウだが、投資するならばS&P 500?

おはようございます。 米国株式市場に関して、テレビのニュースで最近よく聞くのは、 「ダウ平均株価が史上最高値を連日更新!」 「ダウ平均株価が史上最大の下げ幅を記録!」 などダウ平均株価に関するニュースばかりです。 一方で、米国ETFの売上上位にラ…

株を買うなら集中投資か、分散投資か?メリット・デメリットを考察してみる。

おはようございます。 先日、Twitterのタイムラインを眺めていたら「分散投資か集中投資か」議論を久しぶりに見かけました。 「卵は一つのカゴに入れるな」というのは証券会社が儲ける為に作った戯言に過ぎない。バフェットも分散投資を「無知に対するヘッジ…

本家VTと楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)はどちらが有利?比較してみた。

おはようございます。 私がVTのことを記事にすることが多いからか、当ブログの読者の方から 「本家VTと楽天・全世界株式インデックス・ファンドはどちらを購入すべきですか」 という質問を時々頂戴します。 本日はこのご質問について考察してみます。 本家VT…

投資信託は楽天VT、楽天VTIとeMAXIS Slimシリーズがあれば事足りる件

おはようございます。 私は楽天証券のつみたてNISAを利用しています。 つみたてNISAでは、国が決めた一定の水準を満たした商品しか採用されません。 よって、投資信託で何を選ぶか迷った時には、とりあえずつみたてNISAの商品ラインナップの中から選んでおけ…

eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)と野村つみたて外国株投信はどちらを選ぶべきか?

おはようございます。 先日、MSCIオールカントリー・ワールド・インデックス(除く日本)への連動を目指したeMAXIS Slim全世界株式(除く日本)が、驚異の信託報酬0.15336%で新規設定されることを記事にしました。 www.churio807.com この記事を書いた後にい…

超スペシャリスト以外の一般庶民にとって、「副業ダメ!」はこれからの世の中では通用しなくなるでしょう。

おはようございます。 これからは副業を持つのが常識という時代が来ます。 日本を代表する大企業の東芝ですら何があるか分からない世の中ですから、一つの会社に就職したら後は一蓮托生というのはあまりにハイリスクです。 自分の会社に何かあっても自力で生…